さくさく軽快2chまとめサイト

モバP「花と茸は同い年」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/11/08(火)19:38:19.91ID:JIdxiOD10
モバマスSS
凛と輝子の年齢ネタ、直ぐに終わります
2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/11/08(火)19:39:27.26ID:JIdxiOD1o
モバP「ただいま戻りましたー」
モバP「……って、誰も居ない……のか?」
モバP「……ん?」
机の下<こ、こういうやり方も在ったり……フヒッ
モバP「輝子ー?居るのか?」
輝子「ん?あ、し、親友……」
凛「あれ?帰ってたんだ、プロデューサー」
モバP「って…凛も居たのか……?」
凛「え?うん、そうだけど?」
モバP「えっと……どうかしたのか?」
凛「……え?」
輝子「……フヒ?」
モバP「いや、凛が机の下に居るって珍しい……というか初めて見たから」
凛「……ああ、そっか」
3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/11/08(火)19:40:23.53ID:JIdxiOD1o
凛「実は、少し前にプロデューサーの机の前を通ったら霧吹きの音がして」
凛「なんだろう?って思って覗いてみたら」
モバP「輝子がキノコに水やりをしていたと」
凛「うん」
輝子「キノコには、潤いが、た、大切だからな…フヒッ」
TKHS(31)『ええ、潤いは大切よね。ふふっ……』
HIRG(31)『特に、日頃のケアを疎かにすると……後々…ね?』
モバP「生々しい!天の声がなんか生々しいよッ!?」
凛「……?」
輝子「……?」
モバP「あっ……」
モバP「……えーと、ゴホン」
4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/11/08(火)19:42:07.20ID:JIdxiOD1o
モバP「いや、そういえば、この組み合わせ自体珍しいよなって」
凛「そう……?」
モバP「ああ、確か……仕事でも組ませた事なかったよな?ユニットとか」
凛「そう言われると」
輝子「そうかも」
モバP「それに、二人とも……その……まぁ……」
モバP「うん……」
モバP「性格とか体○とかが全然違うし」
凛「……どうしてか、一部文言が聴き取れなかったんだけど」
モバP「配慮だ。今は何でもセクハラ・パワハラになるからな」
モバP「身体的特徴は特に」
凛「ふーん」
輝子「た、大変なんだな、親友も」
モバP「こういう時代だからな、仕方ないさ」
5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/11/08(火)19:43:13.13ID:JIdxiOD1o
凛「まあ、確かに共通項は少ないんだろうけど、共通の話題は在るから話してて面白いんだけどね」
モバP「……そうなのか?」
凛「うん」
凛「キノコの栽培って、花の栽培に通じる所が有るみたいでさ」
輝子「そ、そう、好ましい温度とか、湿度とか」
輝子「あと、肥料とかも」
凛「病気なんかも同種のものに罹かったりするみたい」
凛「輝子が言うにはキノコと花は全く別種の生物らしいんだけど」
モバP「……ああ、なるほど」
モバP「なんで凛が輝子の話に付いていけるだって思ったけど」
モバP「花屋の看板娘だったんだよな、そういや」
凛「いや、うん、看板娘かは置いといて……」
凛「うちは小売だけど、栽培や生育の知識も無いわけじゃないからね」
凛「お父さん達と違って、私の場合はにわか仕込みの知識だけど」
凛「やっぱり、輝子とそういう話をしていると、不思議だったり、面白いと思うし」
モバP「へえ」
6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/11/08(火)19:44:17.07ID:JIdxiOD1o
凛「それに、同い年だから一緒に居て気が楽だしね」
モバP「そうか、そう言えば二人は同いど――」
モバP「ファ!?」
凛「えっ?」
輝子「フヒッ?」
モバP「同い年ッ!?」
凛「え?そうだけど……」
輝子「ど、どうかしたのか……?」
モバP「いや、どうかって言うか……同い年?」
凛「いや、だから、そうだって」
モバP「え、ちょっと待ってちょっと待って確認しよう?」
モバP「凛の年って……」
モバP「15……だったよな……?」
モバP「で、輝子の年齢は……」
モバP「……15だよな?」
モバP「!?」
モバP「えっ!?15!?ジュウゴ!?」
モバP「マジで同い年!?」
凛「だからそう言ってるじゃん」
輝子「だ、大丈夫か?親友……?」
7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/11/08(火)19:45:18.34ID:JIdxiOD1o
凛「だからそう言ってるじゃん」
輝子「だ、大丈夫か?親友……?」
モバP「え、いや、だって、な……?」
凛「な、って言われても」
モバP「えっと……一応訊いておくけど……」
モバP「渋谷凛((over)15)、星輝子((under)15)とかじゃ……ないよな……?」
凛「自分が割りと酷いこと言ってるって分かってるの?プロデューサー?」
輝子「し、親友……フヒ……」
8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/11/08(火)19:45:44.11ID:JIdxiOD1o
凛「というかさ、上か下かで言えば輝子の方が年上なんだけど」
凛「厳密には」
モバP「……えっ?」
凛「だって、私は8月10日生まれで」
輝子「わ、私、6月6日生まれ」
9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/11/08(火)19:46:18.05ID:JIdxiOD1o

モバマスキャラの場合、何年生まれかは言及されてないので、どちらが早く生まれたのか実際には分かりません
なので、今回はゲームに初登場した日(凛:11/28、輝子:9/18)にそれぞれプロフィールを書いたと仮定して
年齢の上下を決めました
10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/11/08(火)19:47:39.28ID:JIdxiOD1o
凛「だから、輝子の方がお姉ちゃんになるわけ、2ヶ月くらいだけだけどね」
モバP「……そ、そういえば」
モバP「そうだった……!」
11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/11/08(火)19:48:15.28ID:JIdxiOD1o
輝子「……フヒッ」
輝子「おねえ…ちゃん……!」
輝子「な…なんて甘美な、響き……!!」ジーン…!
輝子「よ、よかったら、もう一度…とか…ダメ……?」
凛「……ふふっ」
凛「勿論いいよ」
凛「輝子お姉ちゃん」
輝子「……!」ズキューン!
輝子「フヒ、フヒヒ……!」
輝子「ヒャッハー!!たまんねぇゼェェェェッ!!!」
12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/11/08(火)19:49:31.32ID:JIdxiOD1o
モバP「いや、仲睦まじい?ところ悪いんですけどやっぱり嘘だろッ!?」
モバP「腑に落ちません納得できません!!逆じゃないんですか逆じゃ!?」
凛「うーん、そう言われても」
輝子「じ、事実…だしな」
凛「そういった疑義申し立ては役所にでもしてもらいたいんだけど……って」
凛「あっ……!」
モバP「……ん?」
輝子「……フヒ?」
凛「ゴメン、そろそろ帰らないとヤバいかも」
輝子「……も、門限とか?」
凛「んー……そういうのが決まっているわけじゃないんだけどさ」
凛「やっぱり、遅いと心配するだろうし」
輝子「そうか……」
輝子「じゃ、じゃあ、駅まで送ってこう…か……?」
凛「……え?」
凛「いいの?」
輝子「だ、大丈夫、私、お、お姉ちゃん…だからな」
凛「ふふっ」
凛「そっか。それじゃあお願いしようかな。お姉ちゃんに」
輝子「フヒヒッ、お任せあれ♪」
凛「じゃあプロデューサー、そういう事だから」
凛「また明日」
輝子「じゃ、じゃあな、親友」
モバP「あ、うん」
モバP「二人とも、また明日」
ドア<ガチャン
13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/11/08(火)19:50:09.13ID:JIdxiOD1o
モバP「……」
モバP「……」
モバP「うそやろ……」
14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/11/08(火)19:50:44.95ID:JIdxiOD1o
歳月の
不思議をみたり
秋の夜
モバP心の俳句
完!

おすすめ記事3選

  1. 冗談で目の前にいるのに何となくメールで問いかけた「何で目の前にいるのに言葉で話さないんだ!」
  2. 【悲報】ワイの弟、大学に行っているふりをしていた
  3. 「お、蕎麦屋じゃーんちょっと小腹減ったしサクッと食おうかな」→ ざる蕎麦1200円、天ぷらそば2000円