さくさく軽快2chまとめサイト

沙英「ゆのに彼氏が出来たぁ!?」

1:12014/11/26(水)00:27:32.97ID:k1oSZOQJ0
・ひだまりスケッチSSです。
・テンポの都合上、乃莉なず居ません。
・百合です(タイトル全否定)
では、よろしくお願いします。
2:12014/11/26(水)00:28:49.78ID:k1oSZOQJ0
沙英『うぅん……、早く帰って寝よう…………』
ヒロ『もう、沙英ったら…………』
ゆの『………………』
ヒロ『あら? ゆのさん? ゆのさー……』
ゆの『………………』
ヒロ『………………え? 男の、人…………』
ゆの『………………』
ヒロ『ゆのさん、なんだかしおらしい……。 もしかして……』
沙英『ヒロぉ…………?』
ヒロ『…………あ、ごめんなさいね沙英。 とりあえず、帰りましょうか』
3:12014/11/26(水)00:29:48.80ID:k1oSZOQJ0
・ ・ ・ ・ ・ 
宮子「……………………」モグモグ
ヒロ「えぇ、一昨日、ホームルームが終わった後にチラっとね……。 はい、ご飯おかわりね」
沙英「わ、私見てないよ!?」
ヒロ「一昨日って言ったでしょう?」
沙英「一昨日…………。 あ、原稿の〆日……」
ヒロ「沙英、あの時殆ど目開いてなかったのよ?」
沙英「あはは………………」
ヒロ「私が支えてあげなかったら、歩くことすら出来なかったんだから」プリプリ
沙英「ヒロに睡眠関係のダメだしされるなんて……」
ヒロ「ちょっと、どういうこと!?」
沙英「どうこうも無いけど…………」
4:12014/11/26(水)00:31:04.87ID:k1oSZOQJ0
ヒロ「もうっ!! …………宮ちゃん?」
宮子「……………………」モグモグ
沙英「そういえば、さっきから一言も喋ってないけどどうかしたの?」
宮子「ぶびびびべばばばばべっばばべばっべ」
沙英「ちょっ!! 米、米飛んできてるから!!!」
宮子「んぐっ、ぷはぁ。 口に入れたまま喋っちゃだめだって、前沙英さんが」
沙英「結局喋ってたし…………」
ヒロ「それで、宮ちゃんはどうなの?」
宮子「どうって…………」
ヒロ「やっぱり、一番仲が良いんだし、実は知ってたとか」
宮子「いや、あたしは知らなかった! ゆのっちの口からそういうの聞いたことも無かったし」
5:12014/11/26(水)00:31:52.71ID:k1oSZOQJ0
沙英「やっぱ、その、意外だったりする?」
宮子「いっつも一緒に行動してるから、意外っちゃ意外かも」
ヒロ「確かにねぇ」
宮子「朝だって、お昼だって、夕方だって一緒に居るのに……。 これはやっぱ」
沙英「やっぱ……?」
宮子「ゆのっちは忍者なのかも!! 分身の術!!」
沙英・ヒロ「「……………………」」キョトン
宮子「???」
ヒロ「……で、宮ちゃん的にはどうなの?」
宮子「ヒロさんそれ二回目ー」
ヒロ「別のニュアンスよ。 話してくれなくて寂しい、とかないの?」
宮子「うーん…………。 ゆのっちにも、考えがあるのかもしれないし」
ヒロ「そう…………」
6:12014/11/26(水)00:32:45.14ID:k1oSZOQJ0
沙英「……とにかく!! ゆのに聞いてみよう!!」
ヒロ「だっ、だめよ!」
沙英「なんで!?」
ヒロ「だって、ひだまり荘で一番仲の良い宮子ちゃんにすら話してない事なのよ!?
   もしかしたら、何かしらの悩みを抱えてるのかもしれないじゃない……」
沙英「で、でも、やっぱり彼氏が居るのってこん中ではさぁ……!!」
宮子「……………………」
沙英「貴重な意見だし、聞いときたいっていうか……」
ヒロ「……………………」
沙英「……………………あ」ハッ
沙英「いやいやいや、私だってそういった経験はあるけど!!」
ヒロ「沙英…………」
沙英「何さヒロ!! そんな目を向けて!」
ヒロ「う、うぅんなんでもないけど……」
沙英「け、けど何さぁ!」
7:12014/11/26(水)00:33:29.72ID:k1oSZOQJ0
宮子「……………………うーん」
沙英「………………宮子?」
ヒロ「宮ちゃん、どうかした?」
宮子「…………なんだろ、これ。 すっごいモヤモヤする」
沙英「どうしたの、体調悪くした?」
ヒロ「大丈夫? おかしいわね、賞味期限が切れた食べ物なんて入れてないんだけど……」
沙英「実際、ヒロと私はなんともないし……」
宮子「あのぉー……、お腹壊す以外にも、モヤモヤする事は私にだってありますが……」
沙英・ヒロ「「ご、ごめん!!」」
ヒロ「でも、本当にどうかしたの?」
宮子「んー……。 なんか、胸の辺りがモヤモヤするというか……」
沙英「胸の辺りが……。 それって、もしかして」
ヒロ「沙英?」
8:12014/11/26(水)00:34:07.45ID:k1oSZOQJ0
沙英「ずばり、嫉妬! かな」
ヒロ・宮子「「嫉妬?」」
沙英「うん、きっとそうだよ。 ゆのに彼氏が居たこともそうだけど、そういった相談をしてもらえなかった。
    つまり、「一番自分が仲良いと思ってたハズなのに」っていう気持ちから起こる嫉妬だよ」
ヒロ「また、沙英の推理が始まったわね……」
宮子「ラブリーショコラ……」
沙英「私らだって、ゆのと一番仲良いのは宮子だーって思ってるくらいなんだし、
    宮子からしたらもっと衝撃も強いと思うよ。 うん、そうに違いない! どうよ!!」
宮子「ほへー…………」
ヒロ「ほへー…………、ですって」
沙英「反応薄っ!?」
宮子「あたしはそういうの良く言葉に出来ないから、わかんないなぁ。
    この胸のモヤモヤが、沙英さんの言うそれに当てはまってるのかも、なんとも」
沙英「じゃあ、そのモヤモヤを言葉にしてみてよ」
ヒロ「そうね、それなら解りやすいかも」
宮子「言葉に………………」
9:12014/11/26(水)00:34:44.32ID:k1oSZOQJ0
宮子「……ゆのっち何も言ってくれなかった。 あたしじゃ頼りなかったのかな」
宮子「本当に彼氏だとしたら、これから一緒に遊んだり課題やったりする時間も無くなっちゃうのかな」
宮子「ご飯食べたり、お風呂入ったり、歌ったり……」
宮子「全部、出来なくなっちゃうのかな」
宮子「なんか………………、やだな」
10:12014/11/26(水)00:36:13.27ID:k1oSZOQJ0
沙英「宮子…………」
ヒロ「宮ちゃん…………」
宮子「これって、やっぱ嫉妬なのかな」
沙英「…………うん、そうじゃない?」
宮子「ゆのっちに?」
沙英「彼氏に、だよ」
ヒロ「ゆのさんが取られるのが嫌なんだと思うわ」
宮子「………………そっかぁ」
沙英「腑に落ちた?」
宮子「うん、あたしゆのっちが欲しいんだ!!!」ドーン
沙英・ヒロ「「……………………は」」
11:12014/11/26(水)00:37:05.80ID:k1oSZOQJ0
沙英「…………ほ、ほ、ほ、欲しい!?!!?」
宮子「うん、ゆのっちを彼氏に取られたくない! ゆのっちが欲しい!!」
ヒロ「ず、随分と凄い方向に開き直っちゃったわね……」
沙英「み、宮子。 それ意味解って言ってるの!?」
宮子「ゆのっちが欲しいって、そのままの意味だけど……」
沙英「それって、ゆのを束縛するって事? それとも…………」
ヒロ「恋人になるって、こと……?」
宮子「……………………」
沙英「……………………」
ヒロ「……………………」
宮子「………………どうしよう、フラれたら」
沙英「問題そこっ!??」ズコッ
12:12014/11/26(水)00:37:52.17ID:k1oSZOQJ0
宮子「でもでも、どうしようあたし今自分を抑えきれない」ソワソワ
ヒロ「ちょ、ちょっと落ち着いて宮ちゃん」
沙英「そうだよ、冷静に考えてみれば、まだ彼氏なのかも解らないんだし」
ヒロ「あら、私が見間違えたってこと?」プクー
沙英「そうじゃないけど……」
宮子「それじゃ尚更じゃん!! あたしのフラれる確率が減る!!!」ズドーン
沙英「ついに突き抜けたか…………」
ヒロ「……………………宮ちゃん」
宮子「へ?」
ヒロ「ちょっと、真剣な話させて? 宮ちゃんのその気持ちは本当で本物?」
宮子「え…………」
沙英「ちょっとヒロ……」
13:12014/11/26(水)00:38:23.34ID:k1oSZOQJ0
ヒロ「私は宮ちゃんに聞いてるの。 宮ちゃん? 女の子同士なんて、普通じゃおかしいの。 親御さんからもきっと心配される。
   そうでしょ、だって子どもが産めないんだもの。 周りからも白い目で見られるわ」
沙英「そんな、たかだか高校生の恋愛じゃない……」
ヒロ「私はそんな軽い気持ちでお付き合いなんてしたくないわ。 ゆのさんもそうだったらどうする?
   宮ちゃんは、ゆのさんをそんな周りからの視線に晒しても守れるくらい、ゆのさんが好きなの?」
宮子「あたしは…………」
ヒロ「高校の間だけの関係なら、今沙英が言ったように重々しく考えなくて良いかもしれない。
   けど、「これからずっと」を考えるんだったら、大変よ」
沙英「…………………………」
宮子「……………………うーん」
ヒロ「それが考えられないなら、ゆのさんの為にも……」
14:12014/11/26(水)00:39:04.84ID:k1oSZOQJ0
宮子「うーん………………、保留で!!」
ヒロ「…………保留?」
宮子「うん、保留! まだそんなのわかんないし」
ヒロ「…………宮ちゃん、これは遊びじゃなくて」
宮子「ヒロさん顔怖っ」
ヒロ「嘘っ!? ……って、そうじゃなくて!」
宮子「白い目で見られるとか、守れるのかとか、そういうのはなってみないとわかんないもん!!
    まずゆのっちにOK貰えるかも、って時点なのに」
沙英「…………確かに」
ヒロ「ちょっと沙英!!」
宮子「まず告白して、断られたらそんな事考える必要なんて無いし」
沙英「なってみないと解らない、か」
宮子「うん!! ヒロさんごめんなさい」
15:12014/11/26(水)00:39:43.89ID:k1oSZOQJ0
ヒロ「…………多数決で私の負け、かぁ」
宮子「ヒロさんがあたしや、ゆのっちのことを心配してるのは解るし、応えたいんだけど、
    あたし的には、やっぱりゆのっちが…………」
ヒロ「良いわよ、もう気にしてないから。 怖い私はもういないないばぁしたから」
宮子「ヒロさーん……!!」パァァ
沙英「…………それで、告白するんだ?」
宮子「はい!!! いってきます!!!」スクッ
沙英・ヒロ「「もう!?」」
宮子「うん、明日にしたらその分気持ちが薄まりそうだから!! じゃあいってきます!!!」
ダダダバタン
ヒロ「…………行っちゃった」
沙英「普通は、時間が経つほど想いが募っていくものなんだけどなぁ……」
ヒロ「事実は小説よりも……、ってやつ?」
沙英「ホントだよ」
16:12014/11/26(水)00:40:26.92ID:k1oSZOQJ0
・ ・ ・ ・ ・
ゆの「ふわぁ……、今日は重いもの持ったし疲れたなぁ」
ドンドンドンドンドンドンドン
ゆの「ひゃいっ!?」ビックゥ
ユノッチーーーー!!!!!
ゆの「み、宮ちゃん!?」
ガチャ
宮子「ゆのっち!!」
ゆの「ど、どうしたの……?」
宮子「ゆのーーー!!!!」ギューーー
ゆの「ふぇぇぇえぇ!?」
17:12014/11/26(水)00:41:16.21ID:k1oSZOQJ0
宮子「ゆのっち!!!」
ゆの「な、な、なに……?」
宮子「きみが欲しい!!!!」
ゆの「えええぇええぇぇえぇ!?!??」
宮子「他の男なんて関係ない! ゆの子さん!!」
ゆの「ちょ、宮ちゃん、何見たの!!」
宮子「っと、おふざけはここまでにして」
ゆの「」
宮子「ゆのっち」
ゆの「…………宮、ちゃん?」
宮子「好きだよ」
ゆの「………………え? えぇえぇぇぇ?」
18:12014/11/26(水)00:42:07.19ID:k1oSZOQJ0
宮子「彼氏が居るとしても、それでもゆのっちが好き」
ゆの「…………へ? 私彼氏居ないよ?」
宮子「へ?」
ゆの・宮子「「……………………」」
宮子「ヒロさんが、一昨日のホームルーム終わった後に、男の人と居るの見たって」
ゆの「一昨日…………? …………あぁ!!」
宮子「思い出した?」
ゆの「あれは、吉野屋先生に頼まれて課題を職員室に運んでる途中に手伝ってもらったんだよ」
宮子「ほんと?」
ゆの「ほんとだよ? 前、授業で粘土で思い出の靴を作る、ってあったでしょ?」
宮子「あー!! あの時あたしに靴貸してくれた男子?」
ゆの「そうそう」
宮子「成る程なー…………、はぁ」グンニャァ
19:12014/11/26(水)00:42:53.48ID:k1oSZOQJ0
ゆの「みっ、宮ちゃん大丈夫っ!?」
宮子「これでも、一応緊張してたのだー……」
ゆの「な、なんかごめん……」
宮子「うぅん。 …………それで、さ」
ゆの「うん?」
宮子「さっきの、返事いただけますかな」
ゆの「え……? あ、うん、勿論!! 私も大好きだよ」
宮子「……………………」
ゆの「…………宮ちゃん?」
宮子「ぃやったーーーーーーい!!!!」
ゆの「ひぃっ!?」ビックン
宮子「これで、晴れてあたし達もラブラブカップルですな!!」
ゆの「へっ、カッ、カカカカカップル!? え、今の好きって、そういう……」
宮子「じゃあカップルらしく、一緒に寝よ! いや、その前にお風呂だーーー!!!」
ゆの「ちょ、ちょちょちょっと待ってぇえぇ!!!!」
20:12014/11/26(水)00:43:41.40ID:k1oSZOQJ0
・ ・ ・ ・ ・
/ワーーーードッスンバッタン\
ヒロ「上が賑やかね……」
沙英「上手くいったっぽいね」
ヒロ「ふふ、先越されちゃったわね?」
沙英「えっ!? な、なに言ってるのさ、私は別に…………」
ヒロ「うふふ…………」
沙英「まったく…………」
ヒロ「ねぇ、沙英? 私ね? なんであそこまで宮ちゃんに厳しかったと思う?」
沙英「え……?」
21:12014/11/26(水)00:44:49.01ID:k1oSZOQJ0
ヒロ「あそこでもし、宮ちゃんが本当にフラちゃったりしたら、ひだまり荘みんなの関係が壊れちゃいそうで。
   それが怖くて、宮ちゃんを止めようとしたの……」
沙英「ヒロ…………」
ヒロ「笑っちゃうわよね、臆病者よね私……」
沙英「……ヒロは、一番勇気があるよ」
ヒロ「………………沙英」
沙英「私がヒロだったら、絶対あそこで宮子には言えなかった。
    だってそこまで考えられないもん。 ヒロは一番ひだまり荘のみんなを見てるから、あんな行動が出来たんだよ」
ヒロ「………………沙英ぇ」ウルウル
沙英「大丈夫だって、自信持ちなよ」
ヒロ「………………えぇ!!」
沙英「その方がヒロらしいよ。 あーぁ、宮子とゆのには先越されちゃったなぁ」
ヒロ「あら、さっきは認めてなかったのに」
沙英「ヒロの前で隠してもね」
ヒロ「智香ちゃんもわかってるんだから時間の問題よ?」
沙英「もー、うっさい」
22:12014/11/26(水)00:46:31.46ID:k1oSZOQJ0
ヒロ「ふふ…………。 ………………ねぇ沙英」
沙英「なに?」
ヒロ「もしここから出て、大学も卒業して、それでもお互い一人だったら……」
沙英「………………ぇ」
ヒロ「一緒に暮らさない?」
沙英「え…………、あ、あの、その」
ヒロ「ん?」
沙英「……………………よろしく、お願いします」カァァ
ヒロ「約束ね♪」
沙英「うん………………」プシュー
/ユノッチーーーー!!! ギニャーーーー\
ヒロ「さぁ、お祝いに何か作って持っていってあげましょうかね。 うふふ♪」
おしまい
23:12014/11/26(水)00:48:01.78ID:k1oSZOQJ0
ここまで読んでくださり、どうも有難う御座いました。
好きな声優さんが出演しているということで、一週間ほど前に見始めたひだまりスケッチ。
とっても面白かったです、癒されましたー。 宮ちゃんが一番好き。
25:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/11/26(水)00:58:13.71ID:LQdKrH7C0
ええやんおつ

おすすめ記事3選

  1. 【悲報】金属加工業僕、穴を0.005mm大きく加工してしまい50万円の部品がパーになる
  2. 【悲報】彼氏に「ペアリング欲しいなあ」と言った結果wwwwwww
  3. 【20万貸した】お金貸したくないから上手な断り方教えて